細い溝になっている線がたくさん

「肌のキメが細かい」などという「キメ」とはいったい何かということですが、肌を良く見ると細い溝になっている線がたくさん走っています。

この皮溝と呼ばれる線と、皮溝に囲まれた小さい部分である皮丘が織り成す模様のことです。

この模様、キメが美しい肌というのは皮丘部分がそれぞれ水分を含んでふくらみ、形は同じような大きさに揃っています。

しかし、皮膚の構造として一番外側に位置する表皮が乾燥しきった挙げ句に荒れてしまうと、皮丘はその形を乱し、キメは崩れてしまいます。

表皮が荒れて、バリアとしての機能がうまく働かないでいると、表皮が守るべき真皮も、ほどなく損傷を受けることになるのです。

真皮がダメージを受けてしまうと、真皮の働きは肌を支える土台ですから、土台が損傷を受けることで肌は支えを失い、表面にはシワができます。

たとえ同量の紫外線を浴びたとしても、肌に出来てしまうシミというのは人によって様々です。

簡単に言うと、シミができやすい肌があるのです。

具体的にお話ししますと、人が羨むような白くてきめの細かい肌のことです。

見分ける方法としては、夏場、日焼けすると黒くならず、赤くなってしまう人がそのタイプです。

美肌はとってもデリケートに出来ています。

お肌のくすみを引き起こす要因として、砂糖など糖分摂取の過剰が挙げられます。

お菓子などで糖分を摂り過ぎてしまうと自分に合った美白化粧品を使っていても黄色いくすみや、シミが目立つことがあるのです。

お肌のコラーゲンが糖と結びつき、その働きが十分でなくなっています。

コラーゲンと糖が結びつき、老化を進める糖化物質ができることをコラーゲンが糖化したといいます。

お肌だけでなく全身の老化を早めないように、甘いものの摂りすぎは止めてください。

スキンケアは念入りに行う方なのですが、その最中にちょっとした発見がありました。

充分に保湿された肌は柔らかく、柔らかい肌にはしわってあまりできないのかもしれない、ということです。

ほうれい線とか目尻の笑いじわなどがこれは仕方がない、と半分あきらめつつ、気になっていたわけですが、周りでちょっと評判のいい、炭酸パックをやり始めて、以前より肌に柔らかさが出てきたことを、感じるようになったころにはしわが薄くなってきたようで、気にならなくなってきました。

炭酸パックがしわに効いたのかもしれないと勝手に思っています。

お肌にとって、摩擦刺激があまり好ましくないというのはよく分かっているつもりなのですが、それなのに、ついつい力いっぱいメイクを落としたりだとか、洗顔料を使用したりだとか、クリームを塗る際にも、強めの力で使用してしまったりしているんです。

クレンジングの際は、お肌の負担にならないよう、あまり力を入れないようにメイクと溶け合わせるようにして、指の腹を使うように意識して、丁寧にソフトに行うのが大事です。

何にしても、力を加減することが大切で、クルクル丸を描くように、それが理想です。

けれども、現実には、ついそれを忘れて無駄な力を入れてしまい、お肌に摩擦刺激を与えてしまうのです。

メイク落としや洗顔後の、そのたったの10秒間が肌にとっては特別大事な時間になります。

シャワーを浴びたり、お風呂から出た後、洗顔フォームでしっかりした洗顔を済ませた後の肌は、なんでも吸い込む、乾ききったスポンジのような状態になっています。

短くて重要なこのラッキータイムに何もしないでいるのはとても残念なことですし、そんな大事な時に何もしないのは「肌にとって罪だ!」と言いたくなるほどです。

洗顔を終えたら、タオルでさっと水気をとるくらいにして、たっぷりの化粧水で肌のケアを行ってください。

日々の飲み物でシミ対策したい方にオススメなのがローズヒップティーです。

ハーブティーの中でも有名ですよね。

レモンの何十個分ともいわれるビタミンCを摂れる飲み物で体の中から退治したいメラニンに効き、美しい肌に欠かせないコラーゲンの生成を促進してくれるので、シミが出来にくいお肌を取り戻し、肌に輝きを取り戻してくれるのです。

体の内側の酸化の対抗力にも優れていて、若返りにもいいかもしれません。

紫外線やターンオーバーの不調が、お肌のくすみを引き起こすとも言われます。

そんなお肌の不調を取り除くものにアロマオイルがあるようです。

中でも、肌の生まれ変わりに深い関係のある新陳代謝を高めてくれるネロリ、血液の循環をよくしてくれるゼラニウムなどは、くすみを解決するのに有効でしょう。

飲む日傘サプリ おすすめの他にもマッサージに利用するもよし、数滴をスチームの容器にたらしてみて使用するのもありです。